2018年12月31日 ( '▽')「平成最後の音楽祭、次のゲストはシンガーソングライターのけんこうさんです。」

( '▽')「では、次のゲストに参りましょう。次のゲストはシンガーソングライターのけんこうさんです。」


♀_('▽' )「けんこうさん、こんばんは。そしておひさしぶりです。」


( ´▽`)y="「はいはい、お久しぶりです。もう慣れたもんですね、この番組も。」


♀_('▽' )「まだ3回目ですけどね。」


( ´▽`)y="「でも初登場2012年だからね。もっと言えばこのブログでの話で実際はもっと前からですからね。なんかもうベテランの気分ですよ。」


♀_('▽' )「色々ありましたもんね。オリジナルソング発表後に謹慎、その後復活するも2曲目が原因で今度は完全に業界追放。」


( ´▽`)y="「いやーひどい目に遭いました。しかし粘りに粘ったおかげで再びこうやって表舞台に帰ってこられました。」


( ´▽`)y="「やはり慌てずじっくりチャンスを待つのが良かったですね。平成だけに、平静に!なんちゃって。」


♀_('▽' )「は?」


( ´▽`)y="「……まぁ、まだまだミクさんは活躍されてますし、今回もオファーを出しております。いつかミクさんに私の楽曲を歌って頂きたいですね。」


♀_('▽' )「ちなみに、今回歌われる曲は1曲目のアンサーソングになるそうですね?」


( ´▽`)y="「はい、あの時はバラード専門を自負しておりまして、悲しい曲を書く事にこだわりがありました。」


( ´▽`)y="「しかし悲しい曲というのは余裕があるからこそ書ける、という所があるんですね、私も歳を取り悲しい曲が辛くなってきました。」


( ´▽`)y="「世の中も暗いムードが漂い、未来に希望が持てない、そんな時代になっていると思います。」


( ´▽`)y="「だからこそ、自分が作った悲しい曲に明るい未来を提示する事で、こんな世の中だからこそ皆様に希望を持ってもらいたいのです。」


♀_('▽' )「今回も、ご自身の経験が元になっているそうですね。何かあったんですか?」


( ´▽`)y="「はい、素晴らしい出会いがありました。だからこそあの1曲目に対し、明るい未来を提示できたということです。」


( ´▽`)y="「そして、この喜びを皆さまにもお教えしたい!というのがこの曲を作ったきっかけであり、ここまで来れた原動力でもあります。」


♀_('▽' )「よほど良い出会いがあったんですね。」


( ´▽`)y="「はい、世の中まだまだ捨てたもんじゃないぞ!というあの喜びを皆さまにお伝え出来れば。」


♀_('▽' )「まぁ、けんこうさんが女性と付き合えるとは思えないので、女性関係でない事は確かなんでしょうね。」


( ´▽`)y="「ははは、これは手厳しい(乾いた笑い)


♀_('▽' )「最後に何か言いたい事はありますか?」


( ´▽`)y="「いやーキレイに3年ごとの登場になってるんで、皆さま次は2021年の大みそかに再びお会いしましょう!」


♀_('▽' )「そうですねー。まぁ、次は無いと思いますけど。」


( ´▽`)y="「ねぇ、ちょくちょくひどくない?何かキミ変わった?」


♀_('▽' )「まぁ私も慣れましたからね。では曲に参りましょう。けんこうさんで、『ケツ毛のび放題だったあの頃』」

続きがあります


posted by けんこう at 00:00 | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月23日 この間ですね、お風呂入ってたんですよ。お風呂。

そしたらですね、脱衣場に何か落ちてるんです。

私近視なのでメガネかけてないとほとんど見えないんですが、それでも「何かが落ちている」というのは分かるんですよ。
脱衣場は薄いグリーンの床なのに、明らかに茶色というか黒いというか、まあそんな色で親指ぐらいの大きさの物体が落ちてるんです。

最初はですね、いわゆる「G」かと思ったんですよ。黒茶色だし、大きさもそのぐらいだし。
まぁ私は「G」は別に苦手ではないんですが、すばしっこく動き回るし逃がすと厄介なのでおそるおそる近づいたんです。
目が見えないので近付くしかないんですが、近付きすぎると逃げるだろうからとにかく慎重に。

ところが、どんどん近付いてもまったく動く気配がないんです。
結局数十センチぐらいまで来たところで、「あ、これはGではないな」と気付きました。

……じゃあ、何なのか?そこである答えが頭をよぎり、私は戦慄しました。



「あ、これう○こや」



血の気が引くというのはあの感覚を言うのでしょう。
まったく動かない、親指程度の大きさ、黒色が混じった茶色の物体。これはもう、う○こだ、と。
嫌に研ぎ澄まされる感覚、駆け巡るいろいろな思い。誰のう○こか。家族のものか。いや、お風呂に入る前にそこで着替えてた自分のものか。
自分のものとして、まったく漏らした感覚がない。そもそも便意がなかったのに、自分でも気付かないうちにコロコロう○ちを脱糞していたのか?
まてまてまて、おじいちゃんじゃないんだから。病気でも漏らしそうでもなかったのに気付かないうちにう○こを漏らすなんて、そんなこと絶対あってはならない、自分が自分じゃなくなってしまう……
いや、家族のものだったとして気付かずにそのままにするというのもそれはそれで大問題だ。心配で眠れないまま次の日病院に連れて行くレベルだ。
いったい、誰がどうして……いやそれも問題だが、それ以前にこのう○こどうするのか……自分の可能性が高い以上自分が責任持って片付けないといけないか……
くそっ、どうしてこんなことに……何でこうなった……!!






ま、結論を言うと正体は「使い古して所々カビが生えた木製の洗濯ばさみ」だったんですけどね。
あ、皆さまあけましておめでとうござまーーーす!!!!111

続きがあります
posted by けんこう at 04:33 | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月24日 ブラウザのお話

さて突然ですが、私といえば大のMozillaファン(誰も知らない
……まぁ今となっては「でした」という過去形ですが。
しょうがないのです、時間の流れとともにモノの形も、人の流れも、そして気持ちも変わっていくものですから。
いやー、懐かしいですね。そもそもNetscapeが好きで、その流れでFirefoxに移りましたから。
あの緑のデザインは今でも好きです。FirefoxベースのNetscape 8がモダンなデザインで愛用してました。
それからずっと特に疑問も待たずにFirefox愛用者でした。



……ええ、私も見事に飲まれましたよ、あの「Firefox Quantum」に。
心機一転の大逆転を狙って、今までのFirefoxを捨てて新たに誕生したFirefox Quantumへの変更騒動です。
(ちなみに本当は去年の時点でもう変わっていたんですが(なので騒動の記事は去年の年末のものが多い)私はESRを使っていたのでこの時期になりました)

正直な話、私は気持ちは分かるけどもこれは悪手だと思います。
ベンチマーク上はそうだったかもしれないですが、速さなら今までのでも十分だったと思います。
それより、積み上げてきた旧アドオンを全部切ってまでやる変更はどうだったのか、と。
それ以外にもMozillaという組織自体への細かな不満もあってか、私の中の「あの時のMozilla熱」は無くなってしまいました。



ただ、それは新しいブラウザを使ってみるチャンスでもあるということで。
と、いう訳で早速Firefoxからの乗り換え先を探してみました。

続きがあります
posted by けんこう at 03:17 | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。