2020年04月20日 Windows10のシステムフォントを「BIZ UD ゴシック」にしてMacぽくするお話

はい、今回はWindows10移行に伴ってちょっと気になった、このブログでも度々話題にしているフォントレンダリングのお話です。

度々話題に……という事では、少し前に書いたfirefoxのお話の時とかですね。
あの時はVivaldiに移行しようとしたけども、結局フォントレンダリングが気に入らない(変更、設定が出来ない)などの理由でやめた、というオチでした。
私にとってはそのくらい、フォントレンダリングは大事なのです。そもそもMacに移行した理由の一つですらありますからね。

で、今まではWindowsは32bitのOSを使っており、その理由の一つが「愛用しているフォントレンダリング変更ソフトのgdi++(helium版)が64bitに対応していない」というものでした。
(もちろん理由の一つというだけであり、他にもそもそも使用状況上64bitにする意味がないとかもありました)
ただ、流石に今の時代32bitは……という事で会社のPCもWindows10移行のついでにメモリ増設しましたし、私用のMac miniの方も今までは仮想化ソフト上で使ってたから32bitで足りてたところ、Boot Campにすると搭載している10GBのメモリをフルに使えるという事で、せっかくなのでこちらも64bit版に移行しました。

本来であればWindowsがMacやUbuntu並のフォントレンダリングを実現してくれれば済む話なのですが、元から2バイト文字圏を軽視している風潮のあったMicrosoftはこの点に関しては、もうもはや期待するだけ無駄という状態……
実は移行時に脱Windowsも考えたんですが、私用はともかく仕事で使う以上Windowsから完全には離れられないですし、新しくubuntuとかを覚えるのは気合と時間がいるし、結局フォントレンダリングの事は諦めてclear typeに慣れるしかないか……というのがつい先日までの私でした。

ただ、やっぱりWindowsのフォントレンダリングは……うーん(汗
うまくぼやかしつつクッキリもしている他OSのフォントレンダリングに比べて、なんと目のチカチカする事か。
やはりMacやgdi++に慣れた私には我慢できず、取り敢えず目にする割合が高くかつ簡単に変更できるfirefoxのフォントぐらいは何とかならないか、と色々試してた所発見したのが「BIZ UDゴシックというフォントにするだけで(完全ではないけど)Macぽい表示に近くなる」というものでした。

続きがあります
posted by けんこう at 16:41 | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。