2011年08月25日 だいぶ慣れてきました

さて、前回「購入した」と書きましたiPod touch。しばらく使っていて、だいぶ慣れてきました。
カーステレオの件は防水ケース自作と同時にやろうと思っているのですが、そうするとアイデアがなかなかまとまらず結局延ばし延ばしになっております。
まぁ、慣れたのか音質についてはまぁいっか……と思うようになってきました(笑
あとReal Racing 2というレースゲームを入れているのですが、これがなかなか面白くて。
ネット等はWifiを用意しないといけないため使用頻度が減っているので、なんと言いますか順調にゲーム専用機として変化してきてるなぁと(笑
(まぁ特定のゲームをぽつぽつと入れていくだけになるとは思いますが)
あとはやはりiPodとしての使い勝手はたまらないですね。聴きたい時に聴きたい曲が聴けるというのは、本当に変えがたいメリットです。



最初はネット接続が意外と面倒くさく、nanoで良かったかなぁ……なんて思う時もありましたが。なんだかんだ言って使い道はあるもので、まだまだいじり甲斐がありそうです。













EVO_zenkei.jpg

と、いうわけでこれからもよろしくなっ!!iPod touch!!




気付いたんですけどこれ知ってる方じゃないと意味分からないですよね







……正直検索等でここに情報を求めて来られた方には回り道させて本当に申し訳ありません(汗



と、そんな訳でHTC EVOを手に入れました。手に入れたって、レンタル機ですけどねf(^_^;)





今までイー・モバイルを使ってきて2年経ったというのは前回書いたのですが、その後をどうするかで迷っておりました。
案としては「WiMAXモデム+携帯」、「このままイー・モバイル」、「HTC EVO」という3つを考えていたのですが、一つ目はiPod touchのWifi接続でさえおっくうで頻度が下がってきているので、使いたい時にリンククリックするだけで自動接続→読み込みという携帯の便利さが絶対恋しくなるだろうな、と……
その内面倒で連絡・通話用の携帯でネット始めちゃうことも考えられるので、この案はやめました。
それとTouch DiamondとiPod touch両方持ち歩いてみると、モデム一個増えるだけで結構気になるな、と。
これにさらにモデム一個足すとなるととても毎日持ち歩くには面倒なことになると思います。




で、2つ目はとりあえず現状維持なので最後の手段ということで、3つ目のEVOに一本化、というのを今回試してみた次第です。
あとは、Try WiMAXがクレジットカード持ち限定で敷居が高いので、代わりにEVOでWiMAXのエリア確認を行おうという魂胆でもありました。




さて、その結果ですが……私の行動範囲ではかなーり厳しいことが分かりました(汗
私は名古屋以外の愛知県内に住んでるのですが、ここは駅前一帯に入ってようやくアンテナ2本程度、というレベル。(ちなみに最大は4本です)
仕事場では窓際に行けばオッケーですが、私の席に座るともうダメです。
自宅はもっと酷く、建物西側にある窓にベタ付けるような格好でようやくアンテナ0〜1本、西側の部屋の中でかろうじて通信可、もしくは接続すらダメ。
……で、私の部屋は東側にあります(笑



で、ここから少し気付いた事なんですが、上部のアンテナを理解するのに時間がかかりました。
説明書を読んでようやく分かってきたのですが、ちょっとその辺りを写真入りでメモしていくと思います。



EVO_icon1.jpg


さて、こちらがデフォの画面。
本当はWiMAXから優先的に接続してくれる、らしいのですが……この画面がデフォということはWiMAXの電波は厳しいとみていいと思います。
この画面の場合、自分で(手動で)WiMAXへの接続ができます。



EVO_icon2.jpg


↑の写真から、通知領域を下げたところです。(上部の黒いバーを下方向に動かすとあらわれます)
もしくは「設定」からネットワーク設定に入り、WiMAX設定、というところを見ると↓と同じ画面があらわれます。



EVO_icon3.jpg

EVO_icon4.jpg

EVO_icon5.jpg


さて、先ほどの写真の「タップするとWiMAXサービスを〜」のところをタップすると、WiMAXに接続するためにスキャンを始めます。
これがWiMAXへの手動での接続操作です。成功すると3つ目の写真になります。
特徴としては

・上部左端の「WX!」アイコンが消える
・右側のアンテナアイコンにて、「3G」に上下矢印のアイコンから「WX」のアイコンに変わる
・WiMAX設定画面にて「接続先 KDDI」の文字
・WiMAX設定画面にて「タップするとWiMAXサービス...」の文章がグレーアウトして押せなくなる
・WiMAX設定画面にて「WiMAXネットワーク情報」に接続状況の詳細が出る


というものです。





EVO_icon6.jpg


で、これが「スキャンしたものの捉えてくれなかった」状況です。
WiMAXに接続していない時はこの状態です。



ネット上では「この「切断」とは押すと切断するという意味であり、この文字が出ている状態が接続している状態だ」と書かれている方もいらっしゃいますが、この状態は文字通り「現在切断されている」とみていいと思います。
(説明書にも、P.134にて「WX(WX!ではない)アイコンが表示されていればWiMAXに接続の状態」とあります)



EVOはWiMAXで接続できなかった場合自動で3Gで接続してくれるのと、WiMAXをオンにしていると画面上部左端に「WX!」アイコンが出るので、最初WiMAXで接続しているのかそうでないのかよく分かりませんでした。
(「WX!」アイコンはWiMAXがオンになってますよ、というだけで現在接続していますよ、という意味ではないようです)
で、最初はテレホータイムだと0.3Mbpsしか出ず、「なんだよWiMAXなのにめちゃめちゃおせーじゃねーか」と思ってましたが、今思えばあれは3Gでの結果だったんですね。



そしてこのコツを掴んでからはあらゆるところでスキャン→スピードテストをやってみたのですが、なかなか捉まるところがないです。
しかしながらアンテナ0本でも繋がれば数Mbpsは出るという、さすがはWiMAXです。
自宅で入らなければイー・モバイルの代わりにはならんよなぁ、と諦め気味だったんですが、返す少し前にようやく入りのいい場所を見つけたのでまぁよかったかな、と思います。



ただ、当然ながらWiMAXが入るところに置けば自分のパソコンではテザリングはできず(EVOのWifi送信出力が弱く、部屋の隅から隅でもギリギリなため)
かといってパソコンの隣に置けば問答無用で3Gでのテザリングになってしまうため、(今はいいですけど)制限を意識しないといけない……という。
なのでとりあえずネットで動作報告のあった中継器を購入して中継しようと思っているのですが、うまくいくかはやってみないと分からない、というところが不安です。



ただ、私がこのままイー・モバイルを使い続けることを渋っているのは再び姿を見せ始めたEVOの「一括0円」なんですよね。
イー・モバイルの機種は0円はやらず、特に一番まともに使えそうなAriaでさえ3万円。(それも2年縛りで)
こうなると毎月割の割引を含めて考えるとこの端末代金分がまるまる(EVOにした場合)浮くというわけで、これだとさすがに中継器用意したり電波入るところを一生懸命探したりと面倒なことをしてでも、EVOにした方が……という気になってきます。



本当はあの後Touch Diamondが電源が入らないという症状でとうとう逝ってしまわれたので(笑
早く決めないと連絡すら取れないのでいけないのですが……まだもうちょっと迷います(汗
posted by けんこう at 17:19 | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする